芸術の秋ど真ん中

本日で9月がおわり明日から10月!
昨日の日中までとても暑く、歌っていたらだらだらと汗が
止まらずに冷房を入れてしまいましたが、
夜はかなり冷えこみました。

だんだん秋めいてきた今の季節はいろいろなところで
芸術を楽しむことができます。
先日大学時代の友達が今演劇をやっているので
下北沢までいってまいりました。

学生の頃は小田急線を使っていて慣れ親しんだ下北沢。
開かずの踏切は姿を消し、線路、ホームは地下へと移りました。

また下北沢は演劇の世界を目指す人たちにとって
重要な場所とも言われているようで、昔ながらの
小さな劇場がたくさんあってそこでしのぎを削った!
なんて俳優さんの話を聞いていたのですが、
時代の流れか姿を消す劇場も多いと聞いていました。

しかし友達の公演は新しくできた劇場とのこと.......

新国立劇場の中劇場みたいな舞台を想像してました。

いえいえ、配管むき出し、板張りの狭い空間をどこが区切りなのか、
客席と舞台をほぼ一体としたなんとも下北沢らしい劇場がそこにはありました。
(なんどか下北の劇場には足を運んでいるのでだいたいのイメージはあります)

古いものがなくなり、新しいものが生まれても下北沢は下北沢でした。

演劇もとても楽しく、生と死について考えさせられる内容でした。
また大人数で演じているので自分のセルフのないところで結構面白い
事やっていたり、なんといっても役者さんと机一つの距離にいたので
息遣いを間近でかんじることができました。


さてさて10月はどんな出会いがあるのでしょう。。。

10月16日にはミュージックベアの定期演奏会(発表会)
が有ります。

是非足をはこんでください!!!!
スポンサーサイト

伴奏

小中学生の2学期は文化祭や合唱コンクール、など
音楽で合唱をする学校が多いですね。

この時期になると伴奏を弾きたい!と、オーディションを受けたり、
先生からお願いされたりする生徒さんが何人かいます。

合唱の伴奏って、特に小学校高学年や中学生で歌う定番曲は
伴奏が結構難しかったりします。

弾きにくいアルペジオやリズムがあったり、
それが弾けるだけではなく、歌や指揮に合わせなければいけなかったり。
出来上がったらとってもいい経験になりますね。

まだ始めたばかりのお子さんもいつか
伴奏者になれるくらい上達してほしいなと思いつつ、今日もレッスン頑張ります。

最近風邪が流行ってますね

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
最近、風邪をひかれている方をよく見かけます。
蒸し暑かったり、肌寒かったりと季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理が必須ですね…!
喉が楽器の方は特に…。

デュオメリス

Perfect Unity !!
今週はデュオ・メリスの最高のコンサートを聴けて
本当に幸せでした。


ファリャ、スカルラッティ、ロワイエ、ボグダノヴィチ、グラナドス、
ピアソラ、アルベニス。。。
台風の影響で、コンサート当日の到着となってしまいましたが
その疲れを微塵も感じさせない、
緻密かつ情熱的な演奏!!



次の日はマスタークラスも受講できました。
デュオメリスなので、二人でレッスンしてくれます。
指使いとフレージングについての
徹底的なこだわりが垣間見えました!
詩的ワルツ集頑張ろう。。。



さてさて、

来年2月のイーストエンド国際ギターフェスティバルの
チケットが販売開始されています!
どんどんいい席が売れていっていて、完売必至です!
まだの方はお急ぎください!!




こちらから↓
http://eastendguitar.jp/


伊藤亘希


ピアニストの背中

先日、若手女性ピアニストのユジャ ワンの演奏会に行きました。
サントリーホールの大ホールが満席で、チケット購入に出遅れた私は、舞台の横の席(舞台袖の真上の3階席)になってしまいました。
私の席からはピアニストの背中だけが見えました。
ピアノの音色はやはり正面の席で聴くのとは違って、少々残念な感じでしたが、この日は目で見ることで初めての興味深い体験ができました。
この日のユジャ ワンは背中が大きく深く開いたドレスを着ていました。
彼女の肩甲骨から背中にかけての動きをはきり見ることができましたが、それはまるでアスリートの背中を見ているようで、目が離せなくなりました。
どんな超絶技巧の難曲も楽々と弾きこなす彼女のテクニックは本当に見事で、その背中の自由自在な動きと筋肉の緊張や弛緩に見惚れてしまいました。とても楽しく2時間半があっという間でした。(普通コンサートは2時間くらいで終わりますが、観客の拍手に応えて6曲もアンコールを弾いてくれ2時間半以上のコンサートになりました!)

あの日以来、私自身がピアノを弾くとき、背中を意識してしまいます。難所がちょっと弾きやすくなったような気がしています(^^♪

弦楽器にあこがれて

ピアノは、オーケストラの音域をほとんど出せてしまうので、
とても便利で楽しい楽器です♪
でも、旋律の表現に集中して演奏できる、
たとえば弦楽器に対するあこがれもあります。
ヴァイオリン、教本を1冊だけ、駆け足でやってみたことあります。
チェロ、パッヘルベルのカノンだけ、アマチュアオケのなかで弾いたことあります。
しかし、身体がもうピアノ仕様になっているためか、ヴァイオリンは首が、、
チェロは弓を支える腕が・・・こんなにきついとは思いませんでした(^^;
きっと、その段階を乗り越えれば、慣れていくのだと思いますが、
残念ながらその後触れる機会もなく、・・・
弦楽器へのあこがれはまだあこがれのまま、といったところです。
しかし!弓で奏でるのではなくはじく楽器ではありますが、
来週、リュートが私の元にやってきてくれることになりました!
使っていないので手放すという方から譲り受けるのですが、
飾っておくだけではもったいない!
目標は,弾き語りかな?なんて、夢は大きく持っております(^^)

ドイツ語

ドイツ語の勉強を続けている
ギター科の伊藤亘希です。

まだあまりネイティブの人と話す機会は少ないですが、
語学の勉強は本当に楽しいです。



「ドイツ語が難しい」と言われてしまう理由の1つに
「格変化」というものがあります。。。

それぞれの言葉に全て
男性名詞、女性名詞、中性名詞
という区分けがあって、例えば、

der Wagen 車 (男性名詞)
die Blume 花 (女性名詞)
といった感じです。頭の"der","die"の部分が変わってますね。

日本語と英語には無いものですから、つい
「これは男性名詞だっけ?女性名詞だっけ?」と忘れてしまいがちです・・・


ややこしいのは
das Mädchen 娘 (中性名詞)
みたいなパターンもあります(笑)


繰り返し発音して、何も考えなくても口から出るのを目指さなければ。。。


しかし、ドイツ語は英語よりも発音が習得しやすいと私は思います。
アクセントの位置もほぼ決まっていますし。


最近はシューベルトやリヒャルトシュトラウスなど
ドイツ歌曲を聴いたりもしています。
まだ聴いてすぐわかるほどではないですが、
少しづつ語彙が増えてるのが実感できます・・・!





というわけで(?)宣伝させてください。

10月14日(金)に渡欧記念リサイタルをやります!
60席限定、是非お越しください。

シューベルトも弾きます!



伊藤亘希


街中に溢れる音楽

最近様々なジャンルの音楽を聞いています。
というか
レッスンで扱う曲が生徒により様々なので勉強している毎日です。

ドイツの曲を初見で歌うこともしばしば、フランス語が来たときは
発音から勉強しなおしました。

そして最近入会してくださった方のご希望は
カントリー調の曲


こんな感じだということはわかっているようでわかっていない


音楽をやっていない知り合いに
「カントリー音楽ってどんな曲?」
と何となく聞いていたら
「ディズニーランドのクリッターカントリーで流れてる曲だよ」
ってあっさり答えをもらえました。


街中?というか様々な場所にヒントは流れています。

街中に流れていたあの曲、昔聴いてたあの曲、

たまには改めて聞いている、演奏しているのもいいのではないでしょうか。

中秋の名月

今日はお月見の日ですね!
十五夜のお月さまの日です♪

ここのところ過ごしやすい涼しい夜が続いていて
まさにお月見にはもってこいではないでしょうか。
お団子やススキは風物詩ですね。

今のところ曇りのお天気ですが
帰り道にお月さまが出てるか見てみようと思います!

ゲーム音楽

最近雨ばかりですが、みなさんどうお過ごしでしょうか?
私はこの前1日休みができたので、久しぶりにゲームをやりました。
結構ゲーム音楽っていい曲が多いんですよ~�(^_-)-☆
オーケストラによるゲーム音楽のコンサートとかもあったりするので、興味があるかたは行ってみるといいかもしれません!!!
また、たまには好きなゲーム曲を演奏してみるのも楽しいですよ!
プロフィール

enjoymusicbear

Author:enjoymusicbear
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR