FC2ブログ

日本とフランス

フランスでは
日本のアニメーションが好まれていますが

ある時期からフランスと日本は
文化において強いつながりがあります。

先日、サティの展覧会に
行ってきました。

その中の「スポーツと気晴らし」が
印象的でした。

シャルル・マルタンの絵に
サティが音楽をつけた

楽譜付きの絵本です。

絵を見ながら聴くと
音楽で伝えたかったことが感じられて
「なるほどなあ」と思ってしまいます

ただ、絵があるだけよりも
また、何か伝わる「こと」がありますね

絵と音楽が結びついたものは
他にもありますが

当時、ドビュッシーが「海」という曲を
葛飾北斎の浮世絵に
影響を受けて作ったのは有名な話です

実は、サティが活躍した当時のフランスは
「ジャポニスム」という日本ブームでした。


当時(19世紀)の万国博覧会での出品をきっかけに
日本文化への関心が高くなって

ゴッホやモネなど当時の画家たちは
浮世絵をまねた絵を描いたのです

当時から、フランスは日本好きだったんですね

今でも、ヴィトンのデザインの中には
日本の家紋の影響を受けたものもあるそうですよ

直接、関係はなくても
音楽を聴きながら当時の絵画を見ると
作品の印象や聴き方が変わるものです


・・・「クラシックは歴史を聴くことだ」と
昔、言った人がいましたが

なるほど、音楽をきっかけに
音楽以外の文化に目を向けてみるのも

音楽を聴く楽しみ方のひとつですね。

なになに・・・そのサティの音楽を聴きたい?

じゃあ、まずは、ロートレックのポスターを部屋に飾って
それから、シルクハットをかぶること
あっ 色は黒!
それから冷えたワインもお忘れなく

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjoymusicbear

Author:enjoymusicbear
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR