FC2ブログ

講師インタビュー 伊藤先生

こんにちは。今年の夏休みの終わりは肌寒い日が続きますね。

今日は講師インタビューと題しまして、私、ピアノ・ソルフェージュ科の竹野が
土曜日小岩校のクラシックギター・ウクレレ講師の伊藤亘希先生にインタビューします!

---まず、先生の自己紹介をお願いします。

伊藤亘希と申します。土曜は小岩校で、
(水曜)、金曜は江東区の木場校でレッスンしています!



--よろしくお願いします。
--先生がクラシックギターを始めたきっかけを教えてください。

父親がクラシックギターを持って時々弾き語りをしていたのがきっかけで、
独学で始めました。中学1年生でした。
最初に練習した曲は、さだまさしの「精霊流し」です!
70年代フォークソングや、最近のJPOPなども
弾き語りでやっていました。
それから、とある方にクラシックギターのCDを借りて、
「すげーかっこいい!」と思い、クラシックレパートリーを練習し始めました。
モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲

https://youtu.be/mKbAa3VMa9U


--なるほど。クラシックギターの魅力をもっと語って下さい!
・音色が綺麗!
人間の普段の声に近い音域を持っている楽器で、
癒し効果抜群です!
始めからいい音を出すのは簡単ではないですが、
うまくいったときの喜びは何物にも代えがたいです。

・多彩な音楽ジャンル
ギターをやっていると、様々な音楽ジャンルに
密接にかかわっていることに驚かされます。
ヨーロッパのクラシック音楽のほか、
日本だったら、演歌、ブラジルのボサノバ、ショーロ、
フラメンコ、ジャズ、その他・・・
いろいろな場面で、使われることが多いので、
「クラシックギター?」という方も、実は耳にしたことがあるはずなんです!

カヴァティーナ 映画「ディア・ハンター」のテーマ
https://youtu.be/mwvDon1_iKs


--クラシックギターはレパートリーが沢山あって、
大人から子供まで始めやすい楽器なんですね。
--初心者のレッスンではどんなことをするんですか?

まずはピアノと同じように、ドレミから、始めます。
だんだん使う音を増やしていきますが、
先生が伴奏、生徒がメロディーを担当して
レッスンすることが多いです。
それから、少し和音を増やして、コードなども
練習していきます。

楽器は、のちのちは買った方がいいですが、
教室にギターがあるので、楽器を持っていなくても習い始められますよ。

--楽器を持ってなくても始められるんですね!

それから、
「手が小さくて、弾けるかどうか」と悩む方もいらっしゃいますが、
始めからそんな難しいことはやらないので、ご安心ください!
大事なのは柔軟性です、ゆっくり身につけていきましょう!
序奏とカプリス 演奏:伊藤亘希
https://youtu.be/I9dv7xeoHww

--楽しそうです。
(おまけ)
--最後に伊藤先生の最近はまっていることは何ですか?

うーん、、「筋トレとストレッチ」ですかね。。。
最近スポーツジムで泳いだり、マシンもやったりしてます。
もうすぐ初めて3か月ですが、だんだん筋肉も増えてきて、
体力がついてきたかな、と思います。
ちなみに「ライザ○プ」ではないです笑



体験レッスンお待ちしています!!

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enjoymusicbear

Author:enjoymusicbear
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR